Translate

2018年5月9日水曜日

不利なルールに立ち向かうには練習あるのみ

Jrテニスネタばかり続きますm(__)m

今年からメチャ大きく変わったジュニアテニスの大会出場のルール。
東北(全国)大会へ繋がるS大会とよばれる試合に出場できるのはポイント上位の数名のみ。
去年までのようにトーナメントで勝ち上がって上位になった選手が出られるシステムではなくなりました。
”最近テニスを始め強くなってきたけどポイントが少ない選手”には非常に不利なシステムです。
例えばその上位選手に現時点で試合で勝つ実力があってもポイントが少なければ参加資格が得られない…”競合の少ない低学年からポイントをコツコツ稼いだけど現時点でそんなに強くない子”が県の代表に選ばれたりする例もあって、ソレってどうなのよ!?と思います。
ポイントが少ないハンデを背負った小学生が大きなポイントを稼ぐには高校生/中学生がメインの上級カテゴリに無理やり参戦して大きなポイントを稼ぐしかないんですよね…小学生と高校生が同じ土俵で闘うしかないって…体格・体力も違うしかなり厳しいよな~。
テニス協会はplay&stayとかで表向き底辺拡大をうたってるけど、それを真剣に考えているのか疑問ですね…だから錦織選手とか有名なプレイヤーがいても硬式テニスはいつまでたっても日本じゃマイナー競技のままなんだよな~とも思います。
(中体連などにも未だに正式に加盟できてないんじゃ!?)
そんなことを言っても仕方がないので家庭訪問週間で早帰りの息子とみっちり闇練。
今日は、まー中学生の普通レベル位の力(イメージ)で模擬試合をしてみましたが6-0/6-2/6-1とアラフィフの親父相手でもまだまだ話になりません。
上級カテゴリへの挑戦はもうちょっと先かな~!?
今は日々のクラブでの練習と体力強化、そしてこういう闇練でコツコツ上手くなるしかないです。頑張れ、息子!





___________________________________
きょうのひとりごと☆Thinking out loud by Hiro”JP”Asakura
じゃらんじゃらんの公式HPに組み込んである公式ツイッターではちょっと書けないことや、何かを見たり聞いたりして感じた考えや想いなどを不定期で綴ります。
独り言とかつぶやきって言っても、”Thinking out loud”。
思わず口にしちゃった的なニュアンスです。
いち商売人の本音を綴ります。
僕のお店やプロフィールは→こちら
___________________________________

0 件のコメント:

コメントを投稿