Translate

2017年8月27日日曜日

秋季市民大会 小学生男子シングルス&テニス教室

1試合目。
試合は中盤まで拮抗したけどカウント間違いされてしまってそれを言い返せず認めて試合を続けてしまいメンタルが崩れての負け。
この相手の子は前も当たっていて、その時も外野から見ても明らかなアウトを「今の入ってませんでしたか?」と息子のジャッジに数度のクレーム(普通は言わないでしょ)と、カウントが競った時に息子の完全にインだったショットにアウトっ!という怪しいを通り過ぎて明らかなイモジャッジされた過去があるので「あの子のクレームやジャッジには気を付けて、そして、毅然に対応するように」と教えていました。
(ボクはテニスをやっていましたのでもちろん息子にはクリーンなジャッジ&微妙なら相手に有利になるジャッジを心がけるように教えています)
試合後にその子の親が「すみません、カウント間違えたみたいで」と謝りにきたけど、息子も息子で本部に向かって手を挙げて異議を唱えなかったのが悪い。
撮っていたVTRを見ても明らかなカウント間違い。でも、ストロークでは負けていなかったし勝てそうな試合だったのでとても残念で悔しいし、同時に息子のメンタルの弱さ加減にも呆れました。
「同学年だからこれからテニスを続ける限り彼とは当たるときもあるからね。軽くねじ伏せるくらいの実力をつけて怪しいジャッジを物ともしないようにしような」と諭しました。
ついつい熱くなって長くなりました。すみません。


2試合目。
「ママからLINEあったけど今店が超忙しいんだって。ホントならパパも手伝いに行かなければならないんだよ? でもここにいる。毎日の練習の送り迎えはもちろん、今日の朝だって4時ごろ起きてお前の弁当作り。それなのにオマエは何してんの? 楽しい遊びのテニスなら週イチのスポクラだけで充分じゃない?  本気でやる気がないならクラブやめたら??」
と親の本音をぶちまけお尻を叩いて気合を入れなおします。
涙ぐんでいましたがおかまいなしです。
2週間前から比べればコートで姿が大きく見える急成長を実感できる良い試合でした。
6-0でワンサイドゲームともいえる会心の勝利。
一勝一敗で予選ブロック通過ならずでしたが、このポーズが増えればそのうち本戦へ行けるでしょう。
2戦目は6-0でワンサイドゲームともいえる会心の勝利


試合後のテニス教室。
100名くらいゴチャゴチャ。
2時間のレッスン時間でも球数はさほど打てない感じでしたが、全日本ダブルス優勝という現役トッププロのボールを打つことのできる貴重なチャンス。
全国レベルの現役トッププロの指導を受けることできる貴重なチャンス


1人10球制限で失敗すると即終わりのプロとのラリー。
試合並みの緊張感とプレッシャーのなか「オーケー、オーケー」と言われながら10球なんとかつないで「よし来い」といわれてグランドスマッシュでフィニッシュ。
クラブ入りしてこの夏休み一ケ月猛練習した成果を感じます。
「キミ、なかなかセンスいいね…って褒められた~♪」
とご機嫌でレッスンを終えてきた息子。
レッスン中の何気ない一言でもプロからの言葉。
それが励みになって伸びることがあります。(期待します (笑))

今年の春から試合に出始めて5戦目。
現在の通算成績は2勝5敗。
低学年から試合に出ている同年代の子らには及ばないのは事実。
6年生になる来年にその一角に少しでも食い込めるよう今は練習と場数を踏んで試合に慣れることに集中です。








2017年8月24日木曜日

最近ワインをゆっくり飲む暇がありません

7月末から息子が本格的なJrテニスクラブで練習するようになってライフスタイルにも変化がでてきました。
練習がほぼ毎日で21:30までなので送迎があるからお酒が飲めません。
帰宅は22:00でそこからお風呂に入って、飲んでもナイトキャップとしてウィスキーをワンショット程度。
今日は練習としてはぬるいスポクラのテニスだけにしてクラブの練習をお休み。
日曜は試合だから休息も入れてあげないとね。
普通に食事を終えてから久しぶりにゆっくり飲むことにしました。



甘い香り。グルナッシュ大好きです。
おつまみは北海道土産でいただいたマルセイのバターサンドとかクッキー。
あと今期初のりんごのココナッツオイルソテーをひやしたもの。
そして赤ワインでゆっくり。
まだ8月だけどなんとなく秋っぽい気分♪
【 名称 : Higueruela Tinto 
【 読み : イルゲイラ ティント
【 生産者:  Bodegas Tintoralba (ボデガス・ティントラルバ) 
【 生産地:  スペイン  
【 セパージュ: ガルナッチャ・ティントレラ 
【 ヴィンテージ: 2015 】
【 このワインの点数:★★★★ 78点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】





飲み足りずもう1本あけました。
コート・デュ・ローヌの白。
酸が割と強めで蜜っぽくて華やかだけど料理に合わせて飲んだわけではないので特に印象はないかな。
酔いが回っていたせいもあるとおもうけど感想がないんですよね(笑)
【 名称 : Saint Cosme Little James' Basket Press White 
【 読み : サン・コム リトル・ジェームズ・バスケット・プレス ホワイト
【 生産者: Ch. de Saint Cosme(シャトトー・ド・サンコム) 
【 生産地:  フランス  
【 セパージュ: Muscat (ミュスカ), Roussanne (ルーサンヌ), Viognier (ヴィオニエ) 
【 ヴィンテージ: 2016 】
【 このワインの点数:★★★ 65点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】

2017年8月20日日曜日

ダイエットが捗るのひとつの考え方☆so tempting, but I shouldn’t.

スーパーフードを扱っているからダイエットの相談が多いです。
「甘い物でイライラ解消すると罪悪感で逆にストレスを助長してしまう」
「太るとわかってはいるがどうしても甘いものがやめられない」
…そんな相談も多いんですけど、僕が昔ダイエットをしていた時に一番効果があったのが、

「角砂糖に置きかえる思考法」
です。

ドーナッツ(プレーン)=角砂糖8個
ハーゲンダッツ バニラ(普通サイズ)=角砂糖5個
カステラ(1切れ)=角砂糖9個
いちごショートケーキ(1/8)=角砂糖8個
コーラ(500ml) =角砂糖10個
カルピス(500ml)=角砂糖18個

主食でも、
パン1枚 = 角砂糖 7.5個
ごはん1杯 =角砂糖 14個
(角砂糖は4ℊで計算。ちなみにカロリーは1つで16Kcal)

僕は決して糖質制限信者じゃないんですけど、ダイエット中で甘い物への欲求をコントロールする時にこれを考えて脳をだましていました。
いくら甘いものが欲しくても一度に何個も角砂糖は食べられません。
そう考えると、ドーナツでもケーキでも、砂糖たっぷりでできたものを食べる気がしなくなります。

まぁ、これは極端な話。
ダイエット中に限らず、食事は炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを取り、3食適量を食べることが重要ですよね。運動も忘れずにね(^_-)☆




2017年8月13日日曜日

ゼロどころかマイナスからやり直し starting from the behind of the starting line.

小5の息子、8月13日の県小学生テニス大会(5・6年の部)に出場です。
今回で3回目の大会参加です。
スポクラのテニス教室に加えて8月からは本格的なクラブチームにも正式加入。
約2週間が経つけど毎日のように3~4時間の練習…よく頑張ってます。
カラダを作るPFCバランス+ビタミンミネラルたっぷりの食事でコンディションを整えたり、この日は朝3時に起きて弁当を作ったり、クラブチームで開会式前にコートもおさえて練習…親としても一緒に戦っているつもり。


同じクラブチームの方から情報だと相手選手は兄弟に東北大会レベルの兄弟がいるテニス一家!?で有名で幼いころからテニスをやっているんだそう。
くじ運悪いなとは思いつつ、でも実際にプレーが始まってみるとそんなに遜色ない感じ…案の定試合はシーソーになってゲームポイント3-3。
ここから彼の経験不足と性格の甘さと気の弱さが出てしまった。
カウント間違いか何かを指摘されて委縮してしまったのか、その後相手を威圧する感がまったくないボールを返すだけのヒョロヒョロとしたプレー。
そうすると球を左右に振られて、足も動かないからテイクバックが遅く手打ちになって糞ボールを返してしまう…そこを強いショットで決められてしまったり、相手が結構前にいるのに意味のないドロップショットを打ってあっさり返されたり…
「違うだろぉ このハゲェ~っ!」と心の中で何度叫んだか(笑)
終わってみれば4-6で負け。
惜しいっちゃ惜しいゲーム差だけど良いところなんか数えるほどしかなかったまったく不甲斐ない試合内容。
コンソレも勝てそうな相手なのに試合をダブフォ連発で落とす始末。
自分を出し切って負けたなら良い負け方だと思うけど、まったくそうではない。

帰路の車中の空気は最悪の重さ。
VTRを観て反省。


それにしてもボクが昔やっていた約30年前と比べて低年齢でもレベルが格段に上がっているのを実感。
前もどっかで書いたかもですが、僕は中学は軟式をやっていて高校から硬式に転向して新人戦だけどシングルスで優勝したことがあります。
そう、市内の中学に硬式テニス部はなかったからほとんどが高校から始める人ばっかり。だからこんなボクでもなんとか勝てた時代なんです。
でも今は小学校低学年から色んな教室やクラブに入れるしみんなどんどん試合に出てる。
今の時代、中学から部活に入っても簡単にレギュラーにはなれないでしょうね。
準決勝以上の子たちのプレイを見てると、今から息子が相当頑張らないと追いつけないほど差が開いてる。
「まだ小学生なんだし...」とか「まだこれからなんだから焦ることなんかない」
孫に甘いお祖母ちゃんからはそんな慰めもあるけどそんな甘い話は正直ないよ?って感じ。
だから敗北はもちろん、自分の経験不足と弱さを受け止めて、それを踏み台にできるように、次の試合に向かっていこうな!

…美味しいお酒はいったい何時になったら飲めるのでしょうか!?