Translate

2017年9月16日土曜日

あーーーーすっかり忘れてた(^^;) Oh my god, I totally forgot!!

3連休初日。
お店のピークタイムが過ぎた夕方「今日って入籍記念日よね?」とeimy店長。「あっ!(;'∀')」
入籍して21年も経つんだそうです。
結婚式を挙げたのは違う日なので記憶が薄いんだなぁ(苦笑)

ジュニアクラブのテニス練習からおばあちゃん家にお泊りの予定だった息子を呼び戻し、急きょホームパーティーの準備。
お寿司、サーモンのカルパッチョ、ローストビーフ、そしてモモのバルサミコとマスカルポーネの前菜などをチャチャと準備して乾杯!
1本目は久々のシャブリ。期待したほどのミネラル感がなくすっきりです。
サーモンのカルパッチョにはぴったりだったけどローストビーフを散らしたサラダには負けますね。購入時に見た紹介文に<しっかりと熟成…>な感じで書いてあったから”濃さ”みたいな要素を期待していたのですが、んー。
【 名称 : Dom. des Hâtes Chablis 
【 読み : ドメーヌ・デ・アット シャブリ
【 生産者:  Dom. des Hâtes  (ドメーヌ・デ・アット) 
【 生産地:  フランス  
【 セパージュ: Chardonnay (シャルドネ) 
【 ヴィンテージ: 2014 】
【 このワインの点数:★★★ 62点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】



2本目
同じくブルゴーニュのシャルドネ。
こっちは酸が少し強めで柑橘。テーブルワインとしては料理の邪魔をせずまーまーだと思うんですが、なにせ2本目で食事は終わって、ナッツとチーズで飲んでいるので少し物足りないかな!?
素直に赤にしておけばよかったのに(笑)
【 名称 : Henry de Boursaulx Bourgogne Chardonnay 
【 読み : アンリ・ド・ブルソー ブルゴーニュ・シャルドネ 
【 生産者:  Henry de Boursaulx(アンリ・ド・ブルソー ブ) 
【 生産地:  フランス  
【 セパージュ: Chardonnay (シャルドネ) 
【 ヴィンテージ: 2015 】
【 このワインの点数:★★★ 66点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】




===ダディのワインのおつまみ料理===
クリームチーズ、マスカルポーネチーズ、カッテージチーズを散らし、
メインのモモといちご。
じゃらんじゃらんで販売している、オーガニックピュアメイプルシロップ、オーガニックバルサミコ酢、オーガニックEXVオリーブオイルを適当にまわしかけて完成。
白ワインにぴったりの前菜です。
ダディのワインのおつまみ料理 モモのメイプル・バルサミコとマスカルポーネの前菜


2017年9月11日月曜日

Tennis Training 運動会の振替休日はテニス闇練習

この日の前日、クラブの練習で県ポイントをいくつか持っている中1の男子と模擬試合をして5-5まで競った小5。ノータッチエースは2ポイントとか少しハンデをもらっていたものの引き分けで終了。
練習終了の時間まで15分位だったのもあったし、中学生は新人戦直前で万が一息子が勝ってしまうとメンタルが…を心配してコーチがストップをかけたのかな!? 考えすぎかな(笑)
ま、そんなわけで練習とはいえ格上の子とはなかなか良いプレーが出来ていていたものの肝心なところでダブフォが何回かあって…サーブが確実に入っていればもしかしたら!?!?…なんて思ってしまいました。

これに限らず、これまで息子が出場した何回かの試合を見ていると小学生テニスの勝敗はサーブゲームの確実なキープが肝。
ジュニアのテニスはサーブゲームのキープが肝
入ればリズムが出てストロークも安定するし逆ならそれで自滅。
そんな子も多いし、実際ウチの息子もそう。
コーチにも同じようなことを言われてましたねー。
「小学生の大会ではどんなに緩くてもいいからはまずサーブは確実に入れろ!」と。
9月下旬と10月上旬にポイントのかかった大会もあるし、クラブとの練習とは別に特訓をすることにしました(^^ゞ



9月11日(月) 土曜日の運動会の振替休日。
西公園のコート15:00~17:00間でサーブの闇練習です。
子供の申請だと2時間で350円! 安い! 助かります!



75歳を過ぎて壮年テニスをやっているじいちゃんにも協力してもらい、安定したトスと効率よく力を伝えるフォームを意識、決して強く打たないで確実に入るように…なんですが、理屈ではなくカラダで覚えるような感じで打ち込ませました。
video
カゴ1つサーブを打って7~8割入るようになったら、次のカゴは1stは少しサーブの速度を上げ左右エッジに設置したマーカー狙ってコースを狙う練習をして、仕上げに自分と模擬試合を2セット。
ゲームでは小学生レベルの球(の速さ)でしか打ちませんが、前後左右にコースをいやらしく攻め込んで走らせるだけ走らせました。
滝のような汗と半分泣きべそになっている息子。
もうジャンルは違えど星一徹なみのスパルタ練習かもです(笑)
でもね、コートの上では誰も助けてくれないし、こっちからアドバイスもできないんだよ。勝利の喜びを味わってほしいから…だよ!?


練習の後はお腹ペコペコ。
おばあちゃん家で早めの夕飯をご馳走になり...
少し休んで夜、ジュニアクラブの練習に行って、
コーチに
「おお、サーブがだいぶ入るようになったな!」
と褒められたそうです(^_-)☆
やっぱり親ではない誰かに褒められて認められて”俺は出来たんだ!”みたいな自己肯定がないと楽しくないし続かないですからね。
コーチありがとうございますm(__)mって感じです。




2017年9月9日土曜日

夕飯を家族3人で食べられる日が月に数回…。 ワインはそんな日の楽しみになってしまいました

タイトルの通り夕飯を家族3人で食べられる日が月に数回…。
ワインはそんな日の楽しみになってしまいました(^^ゞ

9月7日(木曜日)
赤ワイン、それもボルドーが無性に飲みたいのは秋っぽくなってきたからかな~。
合わせた料理は全粒粉パスタのボロネーゼで、おつまみにミックスナッツとゴーダチーズのメイプルシロップ掛け、カマンベールとブリーチーズ。
メルロー主体なのでアタックはソフト。
1杯目は「割といいじゃん!」だったのですが、まったく変化もなく一本調子で3杯目にはちょっと飲み飽きます。
色もそうですが「なんか薄いな~」って印象。
澱が結構でてました。
【 名称 : Ch. de la Roque 
【 読み : シャトー・ドゥ・ラ・ロック 
【 生産者:  Ch. de la Roque(シャトー・ドゥ・ラ・ロック) 
【 生産地:  フランス  
【 セパージュ: メルロー95%・カベルネフラン5% 
【 ヴィンテージ: 2014 】
【 このワインの点数:★★★ 60点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】




9月9日(土曜日)
息子の小学校で運動会。
メインの100m走は5年生男子のラスト組。
トリの組はスポーツを本気でやってる子ばかり。
去年まではこのひとつ前の組でしたが、今年テニスを本格的に始めてから足が速くなって今年はこの組にあがれました…がさすがにサッカーをやってる子には及びませんね(^^;) もっと頑張れ~!
そんなわけでジュニアテニスクラブの練習はお休みということでまたまた家族そろって夕飯。
秋シャケの季節なのでシャケと魚介のパエリアを作ってみました。
あとは無農薬のジャガイモと玉ねぎとバジルをいただいたのでジャーマンポテト。
日中30℃近くの中の運動会見学で喉が渇いていたので合わせたのはキンキンに冷やしたスプマンテ。1位になって祝勝会ならシャンパーニュを抜いたかな!?(笑)
色は薄めで泡はちょっと粗目。
ふんわかフルーティーなアタックでメインは青りんごっぽいニュアンス。その後にほんのりイースト
これブラインドで出されたら2000円くらいの安シャンパーニュと変わらないです。
甘くないレモネード的な要素もあって魚介パエリアとは相性抜群です。
ただブリーチーズとは合わないなぁ。
口に入れた後に飲んだらチーズのコクに負けるしチーズの臭さが際立ってしまいました。
【 名称 : Antico Veliero Cuvée Brut 
【 読み : アンティコ ヴェリエロ キュヴェ ブリュット 
【 生産者: Gruppo Cevico (グルッポ・チェヴィコ) 
【 生産地:  イタリア  
【 セパージュ: トレッビアーノ100%  
【 ヴィンテージ: --- 】
【 このワインの点数:★★★★ 70点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】



2017年9月7日木曜日

スポクラのジュニアテニス教室は卒業です

この9月末で3年生から週1で通っていたスポーツクラブのテニス教室を退会することにしました。
入会していちばん下の5級から始め、2年かけて徐々にレベルアップしていちばん上のクラスになったけど、8月から正式加入したジュニアクラブの練習とは質も量も雲泥の差。
「やめたくないな~」と言っていますが、ジュニアクラブでは中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんたちや県優勝とか東北大会レベルの子も多くカーストの最下層…だけどココにくれば最上位で優越感に浸れるからでしょうか!? 気持ちはわかるけどね(^^

そういえば始めたころ、こんな↓スポンジボールから始めたんでしたね。


スポクラで始めたテニス。
とっかかりとしては良かったと思います。
でも違う場所でそれぞれのコーチに指導を受けるってのは傍から見ててもダメだなぁ。
スポクラと、勝つための練習をするジュニアクラブでは指導方針も違うしね。
医者のセカンドオピニオンとは違うからね…
ここでできたお友達に「本当にやめちゃうの?」なんて聞かれて「試合に出てきてくれれば会える!」なんて返してましたけど(笑)
2年間、ありがとうございました。




2017年9月6日水曜日

DIETにも良い☆エキストラバージンココナッツバターでメチャ美味しいスーパーフード的なおやつ

今、ボクらスタッフがスーパーフード系で今ハマっているのはエキストラバージンココナッツバター(オーガニック認証)です。

■エキストラバージンココナッツバター
糖質がほとんどなくて60%以上が身体に貯まりにくい中鎖脂肪酸、残り40%は食物繊維やタンパク質、酵素、ビタミン、ミネラルなどでできています。
コクと甘味があってこれをなめながらコーヒーを飲むと満足感があって間食不要ですし、良質な油で脂を流す的な感じで不要な体脂肪をどんどん燃焼してくれる感じがします。
そして何よりココナッツバターはココナッツオイルより断然美味しいです。実は土日限定のパイ鯛焼き(おかげさまで大人気でいつもすぐ予定数になってしまい申し訳ないですm(__)m)にも使ってるんですよ~
エキストラバージンココナッツバター(オーガニック認証)がマイトレンド。 糖質がほとんどなくて60%以上がオメガ3系の身体に貯まりにくいココナッツオイル、残り40%は食物繊維やタンパク質、酵素、ビタミン、ミネラルなど。 コクと甘味があってこれをなめながらコーヒーを飲むと間食不要です
中鎖脂肪酸は他の油の5倍の速さでエネルギーとして消費され身体に貯まりにくい

ココナッツバターだけでは口寂しくてどうしてもおやつが欲しい時やお酒(ワインやウィスキー)を飲むときに…
ココナッツバターをレンジで溶かして食塩不使用のナッツ(アーモンド・くるみ・ペカンナッツ)を適当に混ぜ合わせ、ピュアメイプルシロップをまわしかけていただきます。
レーズンをいれてもいいですね。
もうこれは最高に美味しくて、カラダにも良いしワインのおつまみにおやつに最高です。
ココナッツバター・ピュアメイプル・ナッツを混ぜるだけ
ココナッツバター・ピュアメイプル・ペカンナッツはじゃらんじゃらんで販売しています(^^ゞ

「ボクたちはこれを食べて体形維持してます」
というコピーとともに良い結果(写真)を飾っておくと、こういうおススメのスーパーフードも売れます。
ですが押し売りはしません。
ちょっと上からっぽくてアレですが、お客様を変えようとするのでは無く、健康な体になれる何かきっかけみたいなのになれば、という感じです。
2012年の夏に中年太り的だった状態からダイエットして脱却、そろそろ5年が経ちます。
体脂肪率10%前後を維持しています
2017年9月5日夜寝る前・体脂肪率=10%前後を維持しています
40代最後の年に突入してしまいましたが温泉のサウナに行くと太っていたころの自分を知っている常連に「兄ちゃんイイ身体だなー、あれかライザップか!」と言われたりするし(笑) 維持してますよ~(^^;)
気が付けば病院(内科)にももう5年ほど行ったことがないですね~。
身体によいものを食べて適度に運動もして健康的な体を維持していると医療費がかかりませんよ(笑)
病院に行く時間も不要なのでいろいろでき一石二鳥です。


2017年9月2日土曜日

練習では良いが試合では勝てない病

9月2日。
米沢で開催されたローカル大会小学生5・6年の部に出場。
予選の組にはポイント上位の子ともう一人。
一戦目の相手は実力差がある(この大会で準優勝)ので仕方ないにしろ、
二戦目の相手には途中までリードしていたのにサーブが入らなくなりメンタルが崩れてしまったのか、ありえないようなミスショットをしてしまう。
ハードコートの特性を活かしてクレバーでそつのないショットを放ってくる相手。
それに比べ攻めの姿勢がない無難なショットしか出せない息子。
結果は逆転負けで予選通過ならず。
わざわざコーチが見に来てくださりVTRまで撮っていただき、試合に負けてコートを出てきた息子に、
「すべて弱点を把握できたからこれから頑張ろうな」
と励ましてくださいました。

通算6戦目・2勝7敗。
練習では良いショットを打てるようになっているのに試合では勝てない病。
彼はもちろん、親の自分ももどかしさという壁にぶち当たっていますが一つ言えるのはこれも貴重な経験。
VTRを見返して”あの時ああすればよかった”という場面も多いのですが、
それを後悔するのではなく「なるほどこうすればいいのか!」というように思考を転換して積み重ねることに尽きるのかな!?、と。


2017年8月27日日曜日

秋季市民テニス大会 小学生男子シングルス&テニス教室

1試合目。
試合は中盤まで拮抗したけどカウント間違いされてしまってそれを言い返せず認めて試合を続けてしまいメンタルが崩れての負け。
この相手の子は前も当たっていて、その時も外野から見ても明らかなアウトを「今の入ってませんでしたか?」と息子のジャッジに数度のクレーム(普通は言わないでしょ)と、カウントが競った時に息子の完全にインだったショットにアウトっ!という怪しいを通り過ぎて明らかなイモジャッジされた過去があるので「あの子のクレームやジャッジには気を付けて、そして、毅然に対応するように」と教えていました。
(ボクはテニスをやっていましたのでもちろん息子にはクリーンなジャッジ&微妙なら相手に有利になるジャッジを心がけるように教えています)
試合後にその子の親が「すみません、カウント間違えたみたいで」と謝りにきたけど、息子も息子で本部に向かって手を挙げて異議を唱えなかったのが悪い。
撮っていたVTRを見ても明らかなカウント間違い。でも、ストロークでは負けていなかったし勝てそうな試合だったのでとても残念で悔しいし、同時に息子のメンタルの弱さ加減にも呆れました。
「同学年だからこれからテニスを続ける限り彼とは当たるときもあるからね。軽くねじ伏せるくらいの実力をつけて怪しいジャッジを物ともしないようにしような」と諭しました。
ついつい熱くなって長くなりました。すみません。


2試合目。
「ママからLINEあったけど今店が超忙しいんだって。ホントならパパも手伝いに行かなければならないんだよ? でもここにいる。毎日の練習の送り迎えはもちろん、今日の朝だって4時ごろ起きてお前の弁当作り。それなのにオマエは何してんの? 楽しい遊びのテニスなら週イチのスポクラだけで充分じゃない?  本気でやる気がないならクラブやめたら??」
と親の本音をぶちまけお尻を叩いて気合を入れなおします。
涙ぐんでいましたがおかまいなしです。
2週間前から比べればコートで姿が大きく見える急成長を実感できる良い試合でした。
6-0でワンサイドゲームともいえる会心の勝利。
一勝一敗で予選ブロック通過ならずでしたが、このポーズが増えればそのうち本戦へ行けるでしょう。
2戦目は6-0でワンサイドゲームともいえる会心の勝利


試合後のテニス教室。
100名くらいゴチャゴチャ。
2時間のレッスン時間でも球数はさほど打てない感じでしたが、全日本ダブルス優勝という現役トッププロのボールを打つことのできる貴重なチャンス。
全国レベルの現役トッププロの指導を受けることできる貴重なチャンス


1人10球制限で失敗すると即終わりのプロとのラリー。
試合並みの緊張感とプレッシャーのなか「オーケー、オーケー」と言われながら10球なんとかつないで「よし来い」といわれてグランドスマッシュでフィニッシュ。
クラブ入りしてこの夏休み一ケ月猛練習した成果を感じます。
video
「キミ、なかなかセンスいいね…って褒められた~♪」
とご機嫌でレッスンを終えてきた息子。
レッスン中の何気ない一言でもプロからの言葉。
それが励みになって伸びることがあります。(期待します (笑))

今年の春から試合に出始めて5戦目。
現在の通算成績は2勝5敗。
低学年から試合に出ている同年代の子らには及ばないのは事実。
6年生になる来年にその一角に少しでも食い込めるよう今は練習と場数を踏んで試合に慣れることに集中です。








2017年8月24日木曜日

最近ワインをゆっくり飲む暇がありません

7月末から息子が本格的なJrテニスクラブで練習するようになってライフスタイルにも変化がでてきました。
練習がほぼ毎日で21:30までなので送迎があるからお酒が飲めません。
帰宅は22:00でそこからお風呂に入って、飲んでもナイトキャップとしてウィスキーをワンショット程度。
今日は練習としてはぬるいスポクラのテニスだけにしてクラブの練習をお休み。
日曜は試合だから休息も入れてあげないとね。
普通に食事を終えてから久しぶりにゆっくり飲むことにしました。



甘い香り。グルナッシュ大好きです。
おつまみは北海道土産でいただいたマルセイのバターサンドとかクッキー。
あと今期初のりんごのココナッツオイルソテーをひやしたもの。
そして赤ワインでゆっくり。
まだ8月だけどなんとなく秋っぽい気分♪
【 名称 : Higueruela Tinto 
【 読み : イルゲイラ ティント
【 生産者:  Bodegas Tintoralba (ボデガス・ティントラルバ) 
【 生産地:  スペイン  
【 セパージュ: ガルナッチャ・ティントレラ 
【 ヴィンテージ: 2015 】
【 このワインの点数:★★★★ 78点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】





飲み足りずもう1本あけました。
コート・デュ・ローヌの白。
酸が割と強めで蜜っぽくて華やかだけど料理に合わせて飲んだわけではないので特に印象はないかな。
酔いが回っていたせいもあるとおもうけど感想がないんですよね(笑)
【 名称 : Saint Cosme Little James' Basket Press White 
【 読み : サン・コム リトル・ジェームズ・バスケット・プレス ホワイト
【 生産者: Ch. de Saint Cosme(シャトトー・ド・サンコム) 
【 生産地:  フランス  
【 セパージュ: Muscat (ミュスカ), Roussanne (ルーサンヌ), Viognier (ヴィオニエ) 
【 ヴィンテージ: 2016 】
【 このワインの点数:★★★ 65点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】

2017年8月20日日曜日

ダイエットが捗るのひとつの考え方☆so tempting, but I shouldn’t.

スーパーフードを扱っているからダイエットの相談が多いです。
「甘い物でイライラ解消すると罪悪感で逆にストレスを助長してしまう」
「太るとわかってはいるがどうしても甘いものがやめられない」
…そんな相談も多いんですけど、僕が昔ダイエットをしていた時に一番効果があったのが、

「角砂糖に置きかえる思考法」
です。

ドーナッツ(プレーン)=角砂糖8個
ハーゲンダッツ バニラ(普通サイズ)=角砂糖5個
カステラ(1切れ)=角砂糖9個
いちごショートケーキ(1/8)=角砂糖8個
コーラ(500ml) =角砂糖10個
カルピス(500ml)=角砂糖18個

主食でも、
パン1枚 = 角砂糖 7.5個
ごはん1杯 =角砂糖 14個
(角砂糖は4ℊで計算。ちなみにカロリーは1つで16Kcal)

僕は決して糖質制限信者じゃないんですけど、ダイエット中で甘い物への欲求をコントロールする時にこれを考えて脳をだましていました。
いくら甘いものが欲しくても一度に何個も角砂糖は食べられません。
そう考えると、ドーナツでもケーキでも、砂糖たっぷりでできたものを食べる気がしなくなります。

まぁ、これは極端な話。
ダイエット中に限らず、食事は炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを取り、3食適量を食べることが重要ですよね。運動も忘れずにね(^_-)☆




2017年8月13日日曜日

ゼロどころかマイナスからやり直し starting from the behind of the starting line.

小5の息子、8月13日の県小学生テニス大会(5・6年の部)に出場です。
今回で3回目の大会参加です。
スポクラのテニス教室に加えて8月からは本格的なクラブチームにも正式加入。
約2週間が経つけど毎日のように3~4時間の練習…よく頑張ってます。
カラダを作るPFCバランス+ビタミンミネラルたっぷりの食事でコンディションを整えたり、この日は朝3時に起きて弁当を作ったり、クラブチームで開会式前にコートもおさえて練習…親としても一緒に戦っているつもり。


同じクラブチームの方から情報だと相手選手は兄弟に東北大会レベルの兄弟がいるテニス一家!?で有名で幼いころからテニスをやっているんだそう。
くじ運悪いなとは思いつつ、でも実際にプレーが始まってみるとそんなに遜色ない感じ…案の定試合はシーソーになってゲームポイント3-3。
ここから彼の経験不足と性格の甘さと気の弱さが出てしまった。
カウント間違いか何かを指摘されて委縮してしまったのか、その後相手を威圧する感がまったくないボールを返すだけのヒョロヒョロとしたプレー。
そうすると球を左右に振られて、足も動かないからテイクバックが遅く手打ちになって糞ボールを返してしまう…そこを強いショットで決められてしまったり、相手が結構前にいるのに意味のないドロップショットを打ってあっさり返されたり…
「違うだろぉ このハゲェ~っ!」と心の中で何度叫んだか(笑)
終わってみれば4-6で負け。
惜しいっちゃ惜しいゲーム差だけど良いところなんか数えるほどしかなかったまったく不甲斐ない試合内容。
コンソレも勝てそうな相手なのに試合をダブフォ連発で落とす始末。
自分を出し切って負けたなら良い負け方だと思うけど、まったくそうではない。

帰路の車中の空気は最悪の重さ。
VTRを観て反省。


それにしてもボクが昔やっていた約30年前と比べて低年齢でもレベルが格段に上がっているのを実感。
前もどっかで書いたかもですが、僕は中学は軟式をやっていて高校から硬式に転向して新人戦だけどシングルスで優勝したことがあります。
そう、市内の中学に硬式テニス部はなかったからほとんどが高校から始める人ばっかり。だからこんなボクでもなんとか勝てた時代なんです。
でも今は小学校低学年から色んな教室やクラブに入れるしみんなどんどん試合に出てる。
今の時代、中学から部活に入っても簡単にレギュラーにはなれないでしょうね。
準決勝以上の子たちのプレイを見てると、今から息子が相当頑張らないと追いつけないほど差が開いてる。
「まだ小学生なんだし...」とか「まだこれからなんだから焦ることなんかない」
孫に甘いお祖母ちゃんからはそんな慰めもあるけどそんな甘い話は正直ないよ?って感じ。
だから敗北はもちろん、自分の経験不足と弱さを受け止めて、それを踏み台にできるように、次の試合に向かっていこうな!

…美味しいお酒はいったい何時になったら飲めるのでしょうか!?


2017年7月24日月曜日

Step forward! 今後子供の参加する大きなテニス大会参加時はじゃらんじゃらんのお店を臨時休業させていただきますm(__)m

小5で先日Jrテニスの東北大会出場…うちの息子でなく同級生の女の子ですが。
そんな近くて遠い存在の女子が所属するクラブに誘われての体験入校。
コート上には過去テニス経験者のボクからみても、
かなり良い感じでバシバシ打ててる中学生のお兄さんお姉さん、
そして6年生の県ランキング上位の子たち。
全員集合でコーチが紹介してくれ仲間入り。
最初は声も出ないほど超緊張していた息子も、30分、1時間、2時間とすすむうちに馴染んできて笑顔に。
傍から見てもとても良い雰囲気のJrクラブ。
これからほぼ毎日テニス漬けの日々をおくることに
「で、体験入校してどうなのよ?」
「楽しかったし、ぜったいもっと上手になれると思う。入ってみたい」
「わかったと思うけど今のスポクラの上級クラスよりずっとレベルは高いよ」
「うん」
「あの凄い子たちに揉まれるんだぞ? 泣くこともあるかもよ?」
「でもやりたい。頑張る!」

ここに入るとなればこれからほぼ毎日、
彼は帰宅して宿題や自主勉強をして、
そこから早い夕飯を食べて夕方から夜にかけてテニス漬け。
帰宅は22:00近くになるでしょう。

「友達とも約束できないし、TVもゲームも何もできないよ? いいの?」
「うん。テニス頑張るし、宿題も、ブラン(犬)の世話もちゃんとする」

自分で選択した道。
けれど今は人生の基礎をつくる時期。
そんな大切な時期にくだらないお笑い番組をニヤニヤ観てるよりはるかに有意義だと思うよ。

「笑うのはTVじゃなく自分の試合結果でな」
「うん」
「よしわかった。オマエは自分を全部つかえ! パパとママは時間とお金をつかう」

仕事や食事とか家事とかの時間もただでさえバタバタな現在よりさらに慌ただしくなるし、2つのクラブを掛け持ちすることになり送迎など僕ら親の負担も増えますが、これからの子育てライフが今よりずっと楽しめそうな気がして久々にワクワクしてます。




=お知らせ=
というわけで(^^;)今後子供のポイントがらみの大きなテニス大会参加時は、
じゃらんじゃらんのお店を臨時休業させていただきます。
近々だと 2017 / 8月13日(日) です。
ご不便をおかけしますm(__)m





2017年7月22日土曜日

Estratego Real Blanco☆ビール同様、喉が渇いた時の2杯目くらいまでのワインとしては良いな

7月22日(土曜)
来週の夏旅でプールサイドに颯爽と立つため(笑)…に向けて短期集中ボディメイク中なので久しぶりのワインになります。
緩い糖質制限とグルテンフリー、蛋白質多めの食事+運動。
今日でちょうど1か月で-6.3㎏。
順調な仕上がりです。


キンキンに冷やしたスペインの白。
あわせたご飯は鶏のパエリア。
心地よいビターさと果実、はちみつのニュアンス。
爽やかです。
泡のないCAVAって感じですね。
2杯目まではとっても美味しい!
3杯目になるとワインの温度が上がって(クーラーに入れてなかったので)一本調子さが感じられます。
喉が渇いた時の最初はビール的にせいぜい2杯目までのワインとしては良いと思います。
あとは休日のカジュアルなランチのときとか重宝しそう。
【 名称 :  Estratego Real Blanco 
【 読み : エストラテゴ レアル ブランコ 
【 生産者:  Vinedos de la familia Eguren(ビニェドス・デ・ラ・ファミリア・エグレン) 
【 生産地:  スペイン 
【 セパージュ: Airen (アイレン)60%, Macabeo (マカベオ)40% 
【 ヴィンテージ: -- 】
【 このワインの点数:★★★ 60点 】
♪ブログ記事中のワインの感想はあくまでも個人的主観です
【 ワインの点数:★ 0-30点 ありえない 】
【 ワインの点数:★ 31-50点 二回目は無い 】
【 ワインの点数:★ 51-69点 普通 ・ 一期一会かリピあるか微妙 】
【 ワインの点数:★ 70-79点 そこそこ美味しい ・ リピートはありそう 】
【 ワインの点数:★ 80-89点 とても美味しい ・ また飲みたい 】
【 ワインの点数:★ 90-100点 最高です ・ 絶対にまた飲む 】

ああ、もうすっかり”うちの犬”になったんだなー”なんて改めて思いました

Blancが部屋のどこにもいないと思ったらかごの中に入ってました(^^;)
ケージから脱走したり、ゴミ箱を漁ったり、いつも「あ”ー、ホントに手がかかるなぁ」って思っていてもこういう仕草で和みます。
Life is better!? with Dog

Dog in Bag


うちに来て7か月ちょい。
たたき起こすまで起きなかった息子も自分から早起きするようになりました。
いちばん心が通っているパートナー。
たたき起こすまで起きなかった息子も自分から早起きするようになりました

たたき起こすまで起きなかった息子も自分から早起きするようになりました

犬と一緒に散歩しているといろんな人に喋りかけられます。
「うちのワンは…」
なんて話して思わず”ああ、もうすっかりうちの犬になったんだなー”なんて改めて思いました。





2017年7月21日金曜日

ひとりごと☆今日のテーマ「感じたまんまだった(苦笑)」

珈琲の淹れ方教室を過去にいろんなところでやらせていただいたけど、
何年か前に某企業さんから依頼されて教室を開催したとき、
いきなりそこの所長さんに
「これも縁ですから今日お帰りの際にはぜひうちの製品を買ってください」
って結構本気で営業されたことがあります。
「うちから仕事あげたでしょ、だから買ってよ」的な感じで。
実はその薦められたのと同じような製品はすでにうちに設置してあるんですよ。
だいたい安くても何十万もする製品ですよ!? 買い替えなんて不可能です。
まだ名刺交換したばかりで会話して数分だし、
お帰りの際っていま来たばかりだし、いきなりそこまで営業かけるか~!?と。
気分は良くなかったけど仕事はきちんと遂行しましたよm(__)m



…先日、件の電化製品のパイロットランプが点滅し始めました。
故障してる気配はないのにおかしいな!?と思って取説を引っ張り出してみると…
”10年で点検のランプが自動的に点滅します”
”サービスマン以外開けることはできません(=ランプを消すことはできない)”
”サービスマンの出張基本料金は\\\\\円です”
…はぁ。

この会社、いちど関わったら何かにつけて収益をだそうとする企業体質なんですね。
ピカピカと止めることのないできない点滅をみながら実感してます。
余計なお世話だけど従業員さんの家族とか親戚とか友達とかもセールスされてるんだろうな…なぁんて思います。
やっぱり最初に違和感を覚えるものって結局そういうものでしかないんだな。
だから僕はこの会社の製品は今後二度と買わないでしょうし、誰かに薦めることもないでしょう。



___________________________________
きょうのひとりごと☆Thinking out loud by Hiro”JP”Asakura
じゃらんじゃらんの公式HPに組み込んである公式ツイッターではちょっと書けないことや、何かを見たり聞いたりして感じた考えや想いなどを不定期で綴ります。
独り言とかつぶやきって言っても、”Thinking out loud”。
思わず口にしちゃった的なニュアンスです。
いち商売人の本音を綴ります。
僕のお店やプロフィールは→こちら
___________________________________

2017年7月19日水曜日

ひとりごと☆今日のテーマ「地元の人のお店の良い&悪い評判は感じた&見たまんま」


毎朝のジョギングで街中を走り回っていていつも思うのがお客様からよく耳にする色んなお店の評判です。
実際に地元の人の評判が悪くても、グルメサイトでは人気店だったりメディアに出ているだけで集客している店は↓の例の後者が多い印象。

例えば求人の張り紙ひとつにしても、
・評判の良い店は「パートさん募集」| 悪い店は「パート募集」

店の外観も評判の良い店は
・「整理整頓されている」|悪い店は「段ボールや植木鉢や空き瓶等が散らかってる」

…ちょっとしたことから、その店の本質とか器が見えてしまう感じ。


あとツイッターなんかでよく見かけるけど、「今から来るお客さんへ」とか「さっき来たお客が」って感じで投稿する店。
絵文字を使って表向きは笑顔でも、見えないところでぞんざいに扱われてる気がするもんね。
そういう店にはどんなに評判が良くても自分なら絶対行きたくないけどね~。
「お客様」、せめて「お客さん」だし、「今から来るお客」って表現はいくらSNSでもないでしょうって思うけど!? どうなんでしょうね。

「あ、じゃらんじゃらんへまた行こう」と思っていただけるようにしないとね(^_-)




___________________________________
きょうのひとりごと☆Thinking out loud by Hiro”JP”Asakura
じゃらんじゃらんの公式HPに組み込んである公式ツイッターではちょっと書けないことや、何かを見たり聞いたりして感じた考えや想いなどを不定期で綴ります。
独り言とかつぶやきって言っても、”Thinking out loud”。
思わず口にしちゃった的なニュアンスです。
いち商売人の本音を綴ります。
僕のお店やプロフィールは→こちら
___________________________________